TOMクリニックはAGA治療とARTAS植毛が利用できます

TOMクリニックは薄毛治療に定評のあるクリニックです。

またTOMクリニックではAGA治療だけでなく、ARTAS植毛も利用することができます。

TOMクリニック

AGA治療

AGA治療ではミノキシジルとフィナステリドの2種類の成分を中心に治療を実施します。

この2種類の成分は日本皮膚科科学会が発表した薄毛対策として、最高評価のAランクを獲得しています。

抜け毛の原因となるDHTが毛乳頭細胞のレセプターと結合して髪の毛の寿命を縮めることを防ぐことで抜け毛を抑えることができます。

また、内服薬だけでなく直接頭皮に成分を注入する治療方法も用意されています。

細胞成長因子(グロースファクター)という髪の毛の再生に欠かせない有効成分を頭皮に注入することで毛母細胞を活性化させることができます。

薄毛の症状によって内服薬・外用薬・注入治療の中から選択して治療をします。

AGA治療では月に一度の診察が必要になります。診察後に薬を処方してもらって自宅で治療する仕組みになります。

早い人なら治療を開始して2ヶ月程度で発毛を実感することができます。また1年後には99.6%の方々が発毛を実感しているので、継続して治療することが大切になります。

ARTAS植毛

ARTAS植毛とは切らずに自毛植毛ができる最新の治療方法のことです。

リアルタイムでデジタル画像をコンピュータで処理をして、ロボットアームによってミクロンレベルの精密さで一貫性のあるグラフト採取を可能にしています。

後頭部や側頭部などの薄毛になりにくい部位のドナーを採取して、薄毛が進行している部分に移植していきます。

ARTASは従来の採取方法よりも短時間で良質のドナーが採取することができるので、植毛後の定着率も高いというメリットがあります。

移植した後、大体半年くらい経過したあたりから発毛を実感するケースが多いです。

個人差はありますが、周りの髪の毛のような太くて濃い毛になるのは10ヶ月後くらいからとなります。

どちらの治療法を選べば良いの?

TOMクリニックで薄毛治療をしようと考える場合に悩むのが、AGA治療とARTAS治療のどちらを選択すれば良いのかということです。

無料カウンセリングに行けば、担当ドクターがあなたの頭皮や髪の毛の状態に適した治療法をアドバイスしてくれます。

基本的には症状が比較的軽い場合はAGA治療を勧められるケースが多いですね。

なぜならAGA治療の方が費用が安く済むためです。

症状がかなり進行している場合は自毛植毛となります。AGA治療は毛母細胞が生きている場合にのみ効果があります。

薄毛が進行して毛母細胞が死んでしまっている場合はAGA治療ができません。他の部位から移植して治療を行います。

自毛植毛のデメリットとしては治療費用が高額になることや、AGAの進行を止めることはできない点です。

植毛をした後もAGAが進行して周りの毛がなくなってしまう恐れがあります。

このようにどちらの治療方法にもメリット・デメリットがあるので、担当ドクターと相談しながら適切な治療方法を選択することをおすすめします。

コメントを残す